準備しておきたいもの

沖縄の離島へひとり旅

離島への一人旅に必要な準備

離島へ一人旅するときにに準備しておきたいことをご紹介します。

スケジュールは2ヶ月前から

航空券の予約

泊港から見る風景イメージ思いったったときに、自由に旅行に出かけるというのも、一人旅の醍醐味だとは思うのですが、もし旅行の費用を最小限におさえたいならば、最低でも2ヶ月には日程のスケジュールを立てておきたいものです。なぜなら、2ヶ月前に飛行機とフェリーの予約が始まるからです。
おそらく離島への旅行で一番値がはるのは交通費です。中でも沖縄から離れていればいるほど、航空券が高くつきます。航空券の場合、早めに予約すればするほど、キャンセルしたときの払い戻しのリスクはありますが、かなり割引された料金で手に入れることができます。それだけで、数万円浮くこともあるので、これはチャレンジする価値があります。お金が浮いた分、旅行で奮発できます。

フェリーのの予約

フェリーのの予約のイメージもう一つはフェリーの予約です。フェリーの予約も2ヶ月前から始まります。フェリーもシーズン中は人気があるので、すぐに満席になってしまいます。予約開始当日の朝、受付開始時間に電話をかけるくらいの意気込みが必要です。それでもなかなか繋がらないこともあります。もちろん、2ヶ月前でなくても、簡単に予約がとれたり、当日ふらっと港に行ったらチケットが買えたなんてこともあります。でも、それはかなり運に左右されるので、やはり手堅く2ヶ月前に予約しておくことが無難だと思います。

拠点をどこに置くか

沖縄本島のホテルを予約する。

沖縄本島のホテルを予約するのイメージ座間味島と阿嘉島は高速フェリーで1時間の距離にあるので、沖縄本島のホテルを予約しておいて、離島へは日帰り旅行でも、時間的に十分楽しめます。那覇市は栄えていて飲食店もたくさんあります。ゆいレールも走っているので、アクセスも簡単です。そうした那覇市の利便性を楽しみたい方は、本島のホテルに予約することをオススメします。

離島ののホテルを予約する。

離島の大自然のイメージ沖縄を観光するという意味で、那覇市も十分魅力的で楽しめますが、離島はまたひと味違った世界が広がっています。なんといっても、自然が豊かなことです。野生の動物を見かけることもあるし、風景も美しい。そんな場所で、ゆっくりした時間を送ることができます。島の方々と知り合えたり、他の感旅行者と触れ合うのも魅力的な体験です。またビーチが目当ての人はフェリーの時間を気にすることなく楽しむことができます。フェリーに乗り遅れると帰れなくなってしますので、わりと時間が気になるものです。
そうした気兼ねも無く、喧噪を忘れて大自然を満喫したい方は離島のホテルを予約することをオススメします。

持ち物

座間味島、古座間味ビーチの海の家持ち物については旅行の目的にもよりますが、宿泊施設に置いておけるなら、いくら持って行っても構わないでしょう。例えば、離島の海へ海水浴しに行くのが目的で、本島のホテルを予約したのなら、必要な荷物だけ離島へ持って行って、残りはホテルに置いて行くということになります。離島の宿泊施設の場合も送迎があれば、問題ないでしょう。
ビーチが目的なら、ゴーグルやシュノーケル、マリンシューズがあるといいでしょう。座間味島の古座間味ビーチにも、阿嘉島のニシハマビーチにも、海の家があり、大抵のものは売られています。またマリングッズをレンタルできるショップもあります。

阿嘉島、ニシハマビーチの海の家日差しが強いので日焼け止めは必須です。なるべく焼きたくない人はラッシュガードを持って行った方がいいでしょう。一人旅の場合、荷物を管理してくれる人がいないので、ポケット付きの水着で中に小銭などを入れておくと便利です。あとは、なるべく貴重品は持って行かないようにします。
それと、フェリーの時間など、なにかと時間が気になることがあるので、海の中にいても時間が分かるように防水時計を持っておくと便利です。

沖縄特集

沖縄旅行をする際に知っておきたいポイントをマーク。

旅行ガイド

観光エリアをピックアップし見所を紹介。

観光スポット

沖縄を旅行する際のオススメの名所を紹介。

グルメランキング

人気のお店ランキング。沖縄ならではの料理をこの機会に。

イベントランキング

年間を通して行われる沖縄のイベントをピックアップ。

旅行記

沖縄の観光コース・旅行記を紹介。

TOP